ヘアカラーで皮膚トラブル相次ぐ!定期的なパッチテストが必要

Hair color in successive skin trouble! It requires regular patch test.

髪の毛を染める一部の商品で、アレルギーによって皮膚が大きく腫れ上がるなどの事例が相次いでいる。
ヘアカラーや白髪染めは、いまや女性にとっては、なくてはならない大切なおしゃれアイテムの1つ。
ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色やタイプの毛染め。
髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする毛染めは、年代や性別を問わず広く使われている。
こうした中、消費者安全調査委員会は23日午後、「毛染めによるアレルギーのリスクについて、正しい知識が消費者に十分伝わっておらず…」と発表した。
ヘアカラーリング剤の中でも、ヘアカラーや白染めなどの医薬部外品の染毛剤による皮膚障害について、消費者安全調査委員会が報告書をまとめた。
消費者庁の毛染めによるアレルギー症状を写した写真によると、頭部から顔面、耳の後ろ、首などに、湿しんやかぶれが見られる。
消費者庁には、2010年度以降のおよそ5年間で、1,000件を超える被害相談が寄せられ、そのうち、およそ170件は、1カ月以上の重症だった。
自宅で毛染めを行ってきたという女性は、顔面が赤く腫れ、滲出(しんしゅつ)液が滴る状態にまでなったという。
よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長は「ヘアカラーというのは、若干刺激があるものだという認識がある方が多いが、それが、ある日急に、重篤な顔が腫れる症状を引き起こしたり、全身に広がるとか、時にアナフィラキシーを起こして、命に関わるとか。そこまでのものを引き起こす可能性があるほど、危険だという認識は、ほとんどの方が持っていない」と語った。
毛染め剤でアレルギー症状が出た場合、いったん症状が治まったからといって使い続けると、次第に重症化、全身症状になることもあるという。
メーカー側は、毛染めの前に、毎回、アレルギーの有無を調べるパッチテストを行うことを勧めている。
しかし、今回の報告書でも、毛染めを行う前にパッチテストを行ったことは「ない」と答えた人が68.0%と、圧倒的多数を占めた。
吉木院長は「今までヘアカラーをしていて大丈夫でも、いつか突然アレルギーになって、重篤な症状を起こすということはあり得る。パッチテストというのは、一度やったから、自分はこの先もずっと大丈夫ということではないので、定期的な見直しは必要になってくる」と語った。
これまで毛染めで異常を感じたことがない人でも、継続的に毛染めを行ううちに、アレルギーを発症することもあるので、自分だけは大丈夫などと思わずに、慎重に利用することが重要となっている。

フジテレビ系(FNN)2015年 10月23日(金)18時23分配信より

(^^♪ パッチテストをご希望の方は、当店ご予約の2日以上前に1度ご来店下さい!

かぶれない白髪染めはこちら

美容室マーラ専用 オンライン予約システム

オンライン予約は上記をクリックしていただくと美容室マーラの専用予約ページに移行します。手順に従って入力いただくと簡単にご予約ができます。 美容室マーラロゴ

〒003-0023

北海道札幌市白石区南郷通14丁目北1番4号

ニューフロンティアビル2階

✆011-846-1191

営業時間 9:30~18:00

定休日 日曜日・祝日

駐車場 ビル横に有 (8番、9番)

各種クレジットカード 取扱
楽天ペイ、ペイペイ、auペイ、d払い、ラインペイ、アップルペイ 取扱
iD、クイックペイ、交通系電子マネー 取扱