70%以上の方が間違っている?!シャンプーの選び方

More than 70% of people are mistaken in choosing shampoo.

皆さんが、自宅で必ずと言っていいほど使用しているシャンプーですが

世の中には星の数ほど多くのシャンプーがあるのは

人それぞれ好みが違うからだろうと思います

もっと自分に合う、いいモノがないか探している方が多いと思います

今回は私共が学んできたシャンプーのイロハを伝えることで

シャンプーの選び方の参考になればと思います

まず、貴方の現在使用しているシャンプーの配合成分を確認してみましょう

シャンプー裏面の『配合成分』の

最初の『水』の後の2~5番目位に記載されている成分が洗浄剤の成分です

洗浄剤

  アミノ酸系界面活性剤

「ココイル~」「コカミド~(ヤシ油脂肪酸)」「ラウリン酸」「ミリスチン酸」「ラウロイルメチルアラニンNa」など

 石けん系界面活性剤

「石けん分」「石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」「ラウリン酸ナトリウム」「ラウレス・3酢酸Na」など

 高級アルコール系界面活性剤

「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」「アルキル硫酸~」「パレス硫酸」「硫酸塩ラウレス」「スルホコハク酸ラウレス2Na」「オレファン(C14-16)スルホンサン」など

あなたの使用しているシャンプーの洗浄剤は何でしょうか?

洗浄剤の特徴も合わせてお伝えします

洗浄剤の特徴

 頭皮への刺激

 アミノ酸系界面活性剤

低刺激で汚れや余分な皮脂だけを落とします

石けん系界面活性剤

中刺激でカラーやパーマの持ちが悪くなります

高級アルコール系界面活性剤

強刺激です

『高級』とは炭素数が多い意味で、炭素数が多いほど泡立ち・洗浄力が強いです

 泡立ち

アミノ酸系界面活性剤

他と比べるとあまり良く無いです

スタイリング剤等がついているとまず泡立たないです

石けん系界面活性剤

良いです

高級アルコール系界面活性剤

かなり良いです

 洗い上がり

アミノ酸系界面活性剤

柔らかい仕上りです

石けん系界面活性剤

アルカリ性のためギシギシ・ゴワゴワ感がでる場合があります

高級アルコール系界面活性剤

バサバサするがサッパリするという方もいます

このように洗浄剤の特徴は、それぞれメリットもデメリットもあります

シャンプーの構成成分のほとんどは

水75%、

洗浄剤20%、

その他(増泡剤、増粘剤、コンディショニング剤、防腐剤、香料)5%。

よく○○○成分配合・・・とうたっていますが

どんなに良いコンディショニング剤(トリートメント成分)が配合されていても

シャンプーに占める割合は1%あるかないかです

シャンプーの目的は主に髪、頭皮の汚れを取るもので

水の次にシャンプーに多く含まれている成分の洗浄剤の種類で

シャンプーの良し悪しが決まるといっても過言ではありません

(個人的な考えですが、ノンシリコンシャンプーを選んだ方が良いか否か、については、あまり気にしなくて良いと思います)

洗浄剤の特徴を理解し、自分に適したシャンプーを選ぶ事をおすすめします

関連記事:ハーブマジックのシャンプー、10のメリット

美容室マーラ専用 オンライン予約システム

オンライン予約は上記をクリックしていただくと美容室マーラの専用予約ページに移行します。手順に従って入力いただくと簡単にご予約ができます。 美容室マーラロゴ

〒003-0023

北海道札幌市白石区南郷通14丁目北1番4号

ニューフロンティアビル2階

✆011-846-1191

営業時間 9:30~18:00

定休日 日曜日・祝日

駐車場 ビル横に有 (8番、9番)

各種クレジットカード 取扱
楽天ペイ、ペイペイ、auペイ、d払い、ラインペイ、アップルペイ 取扱
iD、クイックペイ、交通系電子マネー 取扱